少々早いのですが、オイラ 3泊4日で東京に出張、リタイヤしているのにナンデヤ・・・ソレハネ MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ 第2戦関東大会於オフビで行われる大会を応援に、ここでは往年のTEAM GREENのOB沢山居られるので会うのが楽しみナンや、また一人ずつ思い出を頼んで来よう。
 ここオフヴィではオーナー福本さんとも会いたい(同じ釜の飯を食べた老友往年の名選手福本敏夫’81年国際A級250ccチャンピォン)
 イヤー今回は楽しい出張や、デモオイラが東京に行くと大勢の皆さんにご迷惑をおかけしている、今回も1泊は清水さん宅にお泊りレースには、TEAM GREENのOB 調所伸一 長沼朝之 行方正敏 竹元 久谷林昭祐 藤城光男 城田賢一 大山摩樹夫各氏とどうやら会えるらしい( 榎本正則 外処照見 益留信太郎各氏とは長らくお会いしていない) ナニシロそうそうたるメンバーです。

 またまた長話しスンマセン本題の不死身の真打にバトンを・・・

 前回、第2戦 転倒でリタイヤ 1980年の鈴鹿8耐にモリワキモンスターを駆り 多田選手&富江選手と組んで出場1回目の交代後相棒の富江選手がヘアピンでスリップダウン・・・ここまで

 第3回目 サーイヨイヨですぞ

 そのまま周回をして富江選手がピットイン、燃料給油してチエンジペタル&タイヤを交換イヨイヨ多田喜代一根性入れてコースイン2,3回目も順調に順位も1桁まで上がっていたのだが?富江選手3回目の走行の後半にスプーンコーナー2ッ目の入り口で前車に追突!転倒かなりのダメージで帰ってきました。
 急遽モンスターの応急処置してバトンタッチ多田選手がコースイン抜くは抜くは6番手まで順位を挽回、ソレはソレは取りつかれた様に走り最後のピットイン?順位も上がっていたのに悔やまれます・・・
 時間も無くタイヤ交換はせず、転倒して壊れたカウルにステップ、ハンドル、シートカウルを交換して15分のロスでピットアウト・・・近づいてくるマシンは皆抜いて(カッコいいやん転ぶなよ)抜きまくり・・・ようやくゴールの19時30分チェッカー
 結局、下がった順位を少し取戻し10位でゴールできました。(素晴らしい)
 ゴールした後で森脇社長と南海子夫人が駆け寄ってきて戴き、南海子夫人が暗闇の中「クロスビーと同じタイムで走って居たのよ」と言われ自分でオイラ凄いって思いました。

                     (転ばんかったらもっとすごいやがな~)

     このレースから自分のラスト2時間乗りが始まったのであります。  

 後1戦鈴鹿GP最終戦が出場予定があったのですが、鈴鹿8耐の後スポーツ走行で富江選手が事故で亡くなり最終戦のGPは中止となりました。

 その翌年の1981年の鈴鹿第1戦でモリワキモンスターに乗って予選でヘアピン過ぎの右・右で転倒・・・

 マタヤ!!!モリワキモンスターを何台壊す気や・・・転倒の事は翌々週になります?

             KSSR 神戸スパースポーツレーシング 平井道場

 *どこの場面か写真ですご覧ください。

 
e0361727_10142445.jpg

e0361727_10144774.jpg
e0361727_10151636.jpg

e0361727_10155526.jpg

e0361727_10162517.jpg

[PR]
# by KSSR_Hirai | 2017-04-19 10:29 | Comments(0)

 いやー速いものですね桜も散り始めました、この所、国で大きな事件が相次ぎ解決をしないままに次が起こり、忙しい限り日本は大丈夫かいな?「一国を預かる総理」がこともあろうに利用されて?税金の搾取、犯罪に手を貸したり?大事な予算の審議中に偉い我々の代表が(オイラガ選んだ人は落選)スキャンダルの暴きあい、東京では築地&豊洲問題こちらは小池知事が孤軍奮闘(我々の仲間吉田の純ちゃんが小池知事とお友達どうしても味方に)頑張っておられる。

   イヤーこの年になって「百条委員会」「閣議決定」「忖度」等々沢山利口になったヨン~

   悲しいけどなんとなく清々しいフイギヤァーの女王浅田選手の引退

 米国・中国・北韓国のにらみ合い、戦争が始まればまず被害をこうむるのは我が国とお隣韓国や内科 訳わからん人を見る目を養わなアカン「男の夢を消したらアカン」どころではない頑張ろ・・・なぁ~みんな・・・

 ここは愚痴を云うところでは無い、多田喜代一さんのページや・・・お待ちかねご期待転びの第2話や、お楽しみ下さい。

 ノービスからジュニアに昇格オートバイ乗りの選手誰もが憧れのモリワキレーシングチームに選ばれた、不死身の喜代一さん・・・
 先週は、スタートはトップで1コーナーにS字で阿部孝夫選手に抜かれるも、2番手を守死20周もキープして走ったところでフロントのチャタリングが始まりピットに緊急イン・・・イヨイヨ ハジマリ始まり
e0361727_10534846.jpg

 クロスビーを従えてトップを走行

 ここから第二話・・・
 フロントタィヤがブラレてコーナーで走りにくいことをメカニックに告げる!エアーチエックにタイヤチエックホイールを見ても異常が無いとメカニックは言うナデヤロ~ナンデヤロ~だがレースは時間を追っかけている最中ガソリンを補給してピットアウト・・・イヤイヤ ヤッパリぶれる!ナン周か走り6番手を走行中に1コーナーのクリッピング手前でフロントタイヤがバースト(転ぶ野郎な)、車体が立ち上がりそのままグリーンで転倒・・・

 アァ~第2戦は終りました。

 1980年世界選手権鈴鹿8時間耐久レースにチームメイト富江選手と組んで、あのクロスビーが乗ったモリワキモンスターで走れる喜び・・・多田&富江両選手も何らトラブルも無く練習&予選を無事走行予選10位で終了したのであります・・・良くやったもんや・・・
e0361727_12213279.jpg

 相棒の富江選手の頑張り
 
 その夜はチームメイトワークスの真田さんに誘われて鈴鹿市内の寿司屋さんで晩御飯を食べていたら、カワサキの清原さんエディーローソンとホンダの徳野さんが入ってきて来ましたが生憎く席がイッパイで入口で待っていたら、お客さんがエデイさんをカラカイ出しココで徳野さんが(当日の予選が今一つパッとせず虫の居所が悪かったのか)「何言うとるんじゃ」「コラ表に出んかい・・・ワレ~ッ」それはそれはものすごい剣幕で店に居たお客さんと喧嘩が始まるところを冷静にキヨサンが一声「やめとけ徳野」この一言で仲裁され終了・・・それはエディをかばった徳野さん本当にカッコ良かったです。

 あけて決勝快晴の中8時間耐久の幕は切って落とされたのであります、
e0361727_12224215.jpg

スタートライダーは#27 多田喜代一、11時30分赤から青に点灯暑い暑い8耐が・・・ところがドッコイ全ライダーがスターを切って第1コーナーに姿を消して行く中、我らがモンスターはエンジンがご機嫌斜め、セルが無いのでキックを踏むとマシンが前に動くもしかしてチェンジが入っているのでは?チェンジペタルを動かすもニュートラルにならずオフシャルが危険回避のためピットロード先端まで押して移動全車1周走行して1コーナーに入るころにヤットエンジンが始動レース開始です。
e0361727_1272686.jpg

 押してピットレイン先端まで移動中

   ヤットレースに参加、見えてくるマシンを次々にパス・・・カッチョヨイぞ~・・・何時やろな???失礼な今日は転ばんぜ!!!
 順調に自分の持ち時間を消化(何番手まで上がったのかな~ 何しろごぼう抜き・・・「てなもん屋三度笠」)

富江選手と交代、順調に走って居たのだが少したってヘアピンで富江選手スリップダウンを喫してしまった。

 サーテこれからどうなる本日のお時間が参りました続きは来週・・・乞うご期待でであります。

            KSSR 神戸スーパースポーツレーシング 平井道場
 
[PR]
# by KSSR_Hirai | 2017-04-14 12:44 | Comments(1)

 ナンや原稿が来ないので一週間抜きかと思ってのんびりしてたら、送ってきていたのを今度はオイラが見落とし大変遅れました、謹んでお詫び申し上げます何卒お許しください。
 そしてお読みくださいお願いです、それにしても今回は森脇社長のレースにかける意気込みそして根性を垣間見たストーリーであります。

e0361727_2093836.jpg

 良くもこんな顔しているね「それがオイラなんや」てなもんや三度笠・・・モリワキ監督の身にもなってみ~

 1974年に取得したノービスからヤットジュニアーに昇格!ジュニアーライダーで世界中のバイク乗りが憧れるモリワキレーシングのライダーとなることが出来ました。

 シーズン・オフに鈴鹿サーキットのスポーツ走行でテストをして、年間出場レースは鈴鹿サーキットで開催される全日本戦と鈴鹿8時間耐久に決まりました。

 デビユューレースは、モリワキZ1000FXアップハンドルのスーパーバイク仕様です、1戦目の鈴鹿では午前中の公式練習中にやってしまいました、3周目のダンロップブリッジ下でアクセルの開けすぎでハイサイド転倒を・・・コース上で「バク転」を派手に2回転(自慢になるかアホたれやな~)左手首を痛めて即サーキットの医務室で湿布をしてもらい、当然午後からの走行に備えていました。
 壊れたモリワキZ1000スーパーバイクもメカニックの尽力で見事に蘇えってきましたが、左手首が痛いのナンの結局本線を迎えないまま、森脇監督の考えでリタイヤすることになりました、モリワキチームのメカニック・スタッフの皆さんに申し訳ない気持ちで後ろ髪を引かれながら鈴鹿を後にしました。
e0361727_20412843.jpg


 手首も良くなって続いて鈴鹿200マイル・・・8耐の前哨戦です!まずは面接走行で乗らして頂いた(エライ丁寧やな?)モリワキモンスター・・・公式練習に入ってから面接走行の25秒台より、タイムも上がり楽しくラップを重ねていきました。
 予選当日も快晴の鈴鹿・・・予選はセカンドポジションに入ることが出来ました、ポールポジションは多分阿部孝夫先輩だったと思います。
 
 イヨイヨ決勝の日曜日天気も快晴、大観衆の中スタートは切って落とされました、勿論スタートはトップで1コーナーに、ダガ残念S字で阿部先輩に早くも抜かれ、ポジションは2番手・・・デモね2番手で20周くらい走った時に、ダンダンフロントタイヤのチャタリングが出だし1コーナーから2コーナーまでハンドルからエアーチッパーを持ってる感じで・・・コーナーでは治まるまでアクセルは開けられず、思わずピットイン!ルーティーン外のピットインでメカニックが慌てるやらテンやワンヤ・・・オイオイ ボチボチ始まったか?

           「てなもんや三度笠」監督以下スタップの皆さんピットで「ハラ・ハラ」であります。

 今日の処はこれにて終了・・・次回乞うご期待であります・・・転ぶでよ~痛いわ!!!監督の方が痛い・・・

                  KSSR 神戸スパースポーツレーシング 平井道場

 
[PR]
# by KSSR_Hirai | 2017-04-10 21:25 | Comments(0)

 胸躍るレースシーズン到来今年はどんなレースになるんカナ~、そんなこんなの時期にKSSRのホームページでは「昔々おじいさんとおばーさんが居りましたとさ・・・てなもんや三度笠」少々遅れているけど「思い出話」

マー良いやろ多田の思い出には価値がアル。何しろカワサキのロードを続けた夢があった「転んでも転んでも前に行く根性」・・・派手にすっ飛ぶその見事さ一瞬たりともカワサキのマシンを・・・イヤ・・・多田の乗ったマシンの動きを見守らないと・・・イツ何処え・・てなもんや・・・本当に不死身な喜代一さんに敬意を表します。

  今も元気にオイラを気づかってくれる多田喜代一ホンマにナイスガイ???

 てな前書きでサーハジマリ始まり「カワサキZ400FX」斉藤光男&多田喜代一組の1979年の思い出
e0361727_17442062.jpg


 1979年鈴鹿8時間耐久レースにZ400FXが走った・・・で書き出している、チームカナヤの斉藤光男とペアで出場が決まる。
 オイラ当時瓦やの職人(イヤお手伝い)その貴重な仕事をショッチュウ休みながらテストに命を懸けておりました。
e0361727_18473354.jpg

 テスト中はトラブルも無く順調に進んでいたのですが(サーやって来ました)練習計画の終盤でやってしまいました

ソレハネ、鈴鹿のS字で転倒・・・フレームが曲がり(少しだけ)急遽神戸に戻り石屋モータースに飾っていた展示車のFX400をバラバラにフレームの交換を行い、とんぼ返りで鈴鹿に戻りテストを続けました。
 しかしながら担当メカはこの仕様でこのタイムではダメだと、テストがオヤスミに時にハングオンの達人徳野政樹選手に依頼しましたがどうも上手くいかず苦慮しておりました。

後で 徳野さんと話をしたのですが、マシンがあの状態で35秒で良く走れたな~と感心しておりました、テストタイヤは・・・レイン用にミシュランのPZⅡ・・・晴れた時にはダンロップで新しく開発中である4時間タイヤをノーチェンジで行けるFーⅢ用タイヤのテストも兼ねて走りました。
 イヨイヨ1979年のレースウイークに入り予選では、我々のライダー斉藤&多田の両選手は交互に走りノービスF-Ⅲ・ノービスレーサー・A級F-Ⅲ総合で、TOPタイムで予選は?余裕のヨ~コちゃん(何番手かな?)楽々通過したのであります。
 予選総合TOPはご存じあのチームモリワキ所属 世界のクロスビー2分16秒・・・イヤー早いのナンのダントツの早さで走りました(あたり前田のクラッカー)
e0361727_20104029.jpg

 待ちに待った鈴鹿8時間耐久の決勝・・・第一ライダーは知る人ぞ知る多田喜代一選手・斉藤光男選手とも同じようなタイムで快調に飛ばし順位は7・8番手(良すぎでない?アーアー恐ろし迷監督)斉藤選手から多田選手にバトンタッチ・・

意気揚々と多田選手ピットを後にFXのカン・ダカイ~エクゾ―ストノイズをメインスタンドで応援してくれている皆さんに残して1コーナーに。。ところが一瞬(サー早々と来ましたか?)ラインを見失いコースを外れて第2コーナーのグリーンに(ナンボカワサキカラーがグリーンやて)最終バリヤにあたる前で転倒(これがあるからおもろいのかな?(此方はカナワン)

マシンは破損は少な目でブレーキペタルがミッションケースに当たり・・・踏めない状態・・・その周ノーブレーキでピットに入り修理ライダーチェンジも行い斉藤選手良く頑張りポジションも挽回最後のライダーチェンジまで快調に走行(アホ転ばずに走ればもっと良かったぞ)そこからオイラ最後のライダーチェンジまで頑張り、最後斉藤選手がこのまま順調に走ってくれたら総合F-Ⅲクラスでは表彰圏内と思われたのだが(ナニナニ何が?)ダンロップの試作タイヤ突然悲鳴を上げバースト・・斉藤選手はそのままピットに・・・いったい何が?メカニックがマシンに群がる!!!斉藤選手リア―を指さすリヤーパンク・・・

メカニックも大変だリアタイヤの交換をしようとしたけどスリックタイヤのスペア―が無く、ホイールに履いているタイヤはレインのみそれ使うと決定、交換後斉藤選手は残り時間を走り切り15位マ~マ~のインパクトのあるレースが出来ました。 チャンチャン

 次回は、チーム・モリワキ時代の我が喜代一青春の1ページのお届けだって・・・乞うご期待です。

           KSSR神戸スーパースポーツレーシング 平井道場

 追伸 本日関東支部の月例会が行われ、そうそうたるメンバー今シーズンの年間イベントの企画を練るらしい、これも乞うご期待である。

  

 
[PR]
# by KSSR_Hirai | 2017-03-25 18:00 | チームグリーンを愛する馬鹿な男の夢 | Comments(0)

 原稿締め切りまでに「昭一物語」の第二回目が早々に着きました。
 彼はヤッパ「オートバイが大好きすきやねん」やな、仕事も順調に頑張って相変わらず走り回っているらしい、オートバイも走ってナンボヤ・・・だって二輪はバランスを取って走る乗り物や・・・でモネ考えてもみて~なナンボ一方通行(ストレートで幅15Mほど)でもそこを60台強もの台数のオートバイが30km/h~300km/hで走り抜ける・・・あらゆる競技に息を整える時間をオートバイは直線で(鈴鹿なら裏ストレートかな?)300km/hで走り、中休みナンテ考えられないな~「ヤッパ好きや(アホで)無ければ」出来ない無いな~

 早速「昭一物語」第二回目のご披露を・・・

 ヤッパ好きなんですオートバイで走りたいのです、シーズンオフにエントリーをして頂点を目指す!!!
      
           鈴鹿スーパーバイカーズにエントリーしました。

 ’94~’95の2年間鈴鹿かでテストケースで実施したレース(スーパーバイカーズ=ロードコース+不整地コースを併用して速さを競うレース)・・・
 そのレ-スにあの偉大な大先輩の伊田井佐夫さん(現在も全日本モトクロス大会に出ているスゴイ人ゼッケン#130だ)古いMXフアンならだれでもご存じ小田桐昭蔵さんもエントリーされており。
 偉大な先輩伊田さんと走れるなんて!思い起こせばあれはモトクロスのIBの頃(22~23歳エッ33年前、ナンやらビックリマーク的なマークが書かれているがワカラン)???川重でのテストで鈴鹿や四国で一緒に走った・・・感動もの!!!
 小田桐昭蔵さんは、全日本MX大会で会うたびに笑顔が絶えない明るい憧れのライダーでした(マーク)その他若手ではノリックや、芹沢兄弟、同級生の八チャン(元GPライダーの八代俊二さん)同僚の宗和なども参加して集まったライダー約200台のエントリー・・・超人気で大盛況でした。

 今回のマシンは前回の経験を活かし仕様を変更しました、これは前回日本初のスーパーバイカーズ優勝者の東福寺さんとバトルしたとき、コーナー進入で安定性に差を感じたのでこれを今回解消する目的で前後ホイールをF21、R18に変更して挑みました(イヤー素晴らしいヤッパチャンピォンやコーナーのばらつきで操安性を見抜きホイールの変更でこれを修正カバーナンテ「神かかりヤン」)及びサスストロークを詰めていたのをノーマルに変えました(マーク)(ソレハネ・・・メーカーは沢山の予算を使い一番良いデーターのものを使っているんやで~)
e0361727_109556.jpg

 これでオフ路での進入は前回よりも全然楽に!タイヤは市販のオフロード車に履いているロードも行けるもの・・・最大の強敵前回優勝の東福寺さんはマ反対の仕様変更ホイールを1インチダウンし前回僕の仕様に近いものに!!!サテサテ「吉と出るか凶と出るか?」
 イヨイヨレース開始僕のマシンは楽に早く走ってくれているが、さすが偉大な大先輩伊田井佐夫!イヤー驚いた・・・MXもMTBでも速い速い大先輩・・・それとスタートダッシュはやはり小田桐昭蔵さんでしたが今回は僕の作戦勝ちマシン仕様の変更で操安性・走破性に安定したマシンになった分、余裕のヨーコちゃん後ろをだんだんと離して差を広げ鼻歌交じりの好調でダントツ独走でした。
e0361727_1011272.jpg

 後で聞いたのですが、激しい2位争い東福寺さんと伊田さんとのバトルは最もエキサイテングで、「意地と意地のぶつけ合い」!!結局東福寺さんが転倒で伊田さんに軍配が上がり決着がついたそうです。
 コレハネ1インチの仕様変更したマシンにてこずったのでは?勿論迷監督平井さんから再三注意されていた「昭一は早いのだからタイヤを温めそれから行くんや!3周我慢や」は守りました・・・ナンや付けたしかい・・・

 その後’95~’96シリーズと進み計3回も優勝をさせて頂きました、これも前後17インチタイヤはスリックにグルーピングを施したものに変わり、見た目も格好よく今現在開催されているバイカーズのマシン造りに近いものになりました。
e0361727_10115534.jpg

e0361727_1012322.jpg

 2回に渡り、スーパーバイカーズをレポートしましたが、お付き合い頂きありがとうございました・・・今後益々のレース界の発展をお祈りしております。(マーク)
 オイオイこれでお終いかいマダ「昭一物語」2回だけやんか?「アホ」続けることに意義があるんや内科?
マーシャナイかこれで勘弁して野郎か・・・バトンタッチは多田喜代一さんや・・・多田わかっとるな昭一の代わりや一回早くなった次回25日リリースヤデお願い致します。

 それではみなさんKSSRの漫才師多田さんのブログに乞うご期待です・・・面白くなります。

 アルバムをご覧ください。(私が送られた写真を一度カメラに収め貼り付けたもの少々映り悪いです)
e0361727_10154059.jpg


e0361727_10175631.jpg

e0361727_10183773.jpg

e0361727_10192284.jpg

e0361727_1020792.jpg

e0361727_10205927.jpg

e0361727_10214622.jpg

e0361727_1043819.jpg

e0361727_10435679.jpg


            KSSR 神戸スーパースポーツレーシング 平井道場
[PR]
# by KSSR_Hirai | 2017-03-18 10:24 | バイクヨモヤマ話 | Comments(0)