「男の夢を消したらアカン」②ー2

 時まさに1987年エントリーも済ませすべてに戦闘態勢に入ったカワサキオートバイ「俄に周りが騒々しくなった」「お祭り騒ぎが大好きな、私は毎日が縁日」ソレはソレは楽しい生きがいのある毎日でした。

      ワッショイワッショイ、ソーラソーラお祭りだい・・・「てなもんや三度笠」

 そらー考えてご覧世界のチャンピョンが・・・しかも・・・ミスターカワサキ・・・マシンも調子を上げてきた・・・後は日本人の二人がいつまで転ばずに走ってくれるか???迷監督はワクワクじゃい・・・

 そうしたある日、サイクル・サウンズから取材の申し込み「エエヤンカ野郎や内科」と・・・だが、お二人さんには「オイあまりハシャグな」適当に頼むよ・・・アカンかった~べらべらっとしゃべりまくり・・・あ~怖かった?

e0361727_15211531.jpg

 モンスターは死なない いつまでも生きている・・・
e0361727_15193733.jpg

 ちゃっかり3人とも嬉しそうにキャメラに(キャラメル違うカメラやんか)

 今日はこの時の模様を克明にお伝えします。

 カワサキ、ワークス活動再開へ!

 カワサキの社内チームとして活動していたチームグリーンが事実上のワークスとして動き出した再開の本格的な一歩を踏み出すのは、鈴鹿8時間耐久で、マシンはすでに走り始めているF-1のGPX750Rベースの”ZXR-7”である。
 カワサキがファクトリー活動を凍結してから4年がたっていた、復活のうわさが何度も持ち上がり、その度にフアンの期待は高まっていった。しかし、今までカワサキは沈黙を守っていた、内部では少しずつこの日に向かっての動きがあったのだ。
 マシンの面でもF3でアルミフレームを造り、昨年新エンジンGPX750Rを発表してからも、アルミフレームに載せるまでにこぎつけていた。そうしてすべてが新しく造られた”ZXR-7”

 カワサキはこのマシンに乗って帰ってきた・・・ヒューヒューカッコ良いやん・・・

 シーズン途中のファクトリー活動再開であり、今年’87年は、チームグリーンからワークスへの移行の年となる。F1耐久が選ばれたのも、カワサキは昔から大排気量を得意とする土壌があったからであろう!チームグリーンそのものは、ロードレースと共にモトクロスでも大活躍をしている。しかし、系統で行くとこれはカワサキオートバイ販売㈱の下にある。モトクロスの岡部篤史・多田洋之・花田茂樹・長沼朝之は「チームカワサキ・ジャパン」であり、川崎重工業のチームになっている。
 だからZXR-7で走るチームグリーンは厳密にはファクトリーと云うより、セミワークスであると云うのが現状なのだ。
 チームグリーンはロードレース部門に清原明彦・多田喜代一・宗和孝宏・塚本昭一がライダーとしており、監督は野田忠世(川崎重工業実験研究部係長)が当たりマシン開発を進める、そうしてロード・モトクロス両方の総監督が平井稔男(ヤット出たやん)カワサキオートバイ販売㈱販売推進部次長で彼がロード・モトクロスの会場を飛びまわりライダーの面倒を見るという構成だ、その平井さんの口から新生チームグリーンの経緯を語って貰えることになった。

 「オートバイを造ってレースを忘れるとは?ナンや」

 「チームグリーンの前身」に社内チームの「チーム38」があったのです、このチームは川崎重工業で働く従業員主にテストライダーが集まって自分の技量向上のためレースをやろうと徳野政樹や喜多祥介’85年の(前回のブログで)紹介したプロフイールを載せたロードライダーは全てチーム38のライダーばかり(多田喜代一だけが違うが)このチームは4年前カワサキがレースを凍結してからも別にレースはやっていたわけで、国内でオートバイ販売をしている会社が若干チーム38を応援せなと(少しサポート?)下のです。本当にオートバイを造っている会社がレースを忘れる事は出来ないよと・・・それが’85年ニンジャのエンジンのとき・・・2年間、チーム38をカワ販でサポートしまして、岡&新谷組がノービスの鈴鹿4時間耐久で優勝・・・ノービスであれ何であれ優勝はすごく価値のあるものなんです、それをエサに会社に働き掛けてやっぱりグリーンで走りたいチームグリーンとチーム38が組んで「TEAM GREEN」としてやり始めたのですがその頃はとてもファクトリーとは云えない状態でチーム38のメンバーが仕事の合間に時間を見つけマシンを造っていたような有様でした「ライダーみんながテストライダーで自分の技能向上のためと云う感じでした」ココデ・・・ウルサイ漫才ライダー多田+宗和が入ってくる・・・「多田、斉藤昇ちゃんと組んで8時間耐久で走ったり、何年かな?金谷さんの所の斉藤光雄と組んで走ったり?何年だった?」多田先生「あれは’79年のFXの時」当時12時間耐久だったのでは焼きツイたらシリンダー外して磨き倒しそれでも完走して」「キャーキャーやっておりましたが、レースはオモロイな~と思ってきたら「勝ちたくなって」やれそれと云っていたら「多田先生がモリワキに行ってしまったんだな~(少し脱線しているがな)が、転んで大けがでぶらぶらしとったんやな「イヤ仕事はしてた」「その時、ミスターカワサキこと「キヨサンがヘイ(平)さんこいつ(宗和選手)をカワ販で面倒見てやって「カワサキをお立ち台に載せたんや」イヤー早かったが???色々やってくれました。
 トップで出たのに帰ってこないヨーク見たらコーナーで、ぼっ~と立っている何しとるんや「アホ」てなもんオイオイ今日の取材の目的から離れてる二人が監督をにらんだところで今回の新しく生まれたグリーンモンスターの事を少々聞かせてください・・・オイラが脱線か・・・ハハハのハ
e0361727_16594845.jpg

 出来上がったZXR-7 GOOD LUCKとの相性も良い毎回練習のたびに早くなるどこまで行くのや~

 どうもイカン平井一人でしゃべって脱線してしまった、しゃべりだしたら止まらんのやオートバイや

 てなことで今日も少々つまらないことで終わりそうだ・・・ホナ次回てなもんよ!!!乞うご期待

 次は漫才師にマシンについて喋って貰い取材を完結せな・・・その次からイヨイヨ走り出すのでは?

  ゴメンナサイ・・・ヤツてしまった・・・少々ハシャギスギ・・・もう終わって32年もたつのに思い出したら「アカンな」デモデモおつきあいしてな~「たのんまっさ」

 
e0361727_1712757.jpg

  次回8耐に出るZXR-7のレーサーを漫才師の二人が脱線解剖致します。

  自分でも何喋っているのか分らんのや・・・年取ったな~ ゴメン

             KSSR神戸スーパースポーツレーシング 平井道場
[PR]
by KSSR_Hirai | 2017-01-21 17:32 | チームグリーンを愛する馬鹿な男の夢 | Comments(0)