「男の夢を消したらアカン」 塚本昭一物語①

 オキズキかな「タイトルが変わった塚本昭一物語①とある、得意の平井節・オジンギャグの本来のブログは視聴率が悪るい、ヤッパおじいさんの書くワンパタン―の物語はオモロウ無いんや、昭一・喜代一の書くのは視聴率が高い、そこで、プロデュサーは考えた平井節のブログは身内だけの視聴ここいらで首を切り、新しい企画でまずはワークスライダーMX・RRでカワサキのワークスに席を置いて全うした選手にお願いをしてカワサキに乗っていた時代の物語「思い出」を書いて貰いシリーズものにして続けていきたい、その後はカワサキに席を置いていたが他社にもお世話になったライダーの皆さんにお願い、要するに人の褌で相撲を取るのやこれは皆さんに喜ばれるのと違うかな???

  そこで1発目はお願いしやすいナイスガイ 「塚本昭一」に白羽の矢を・・・乞うご期待である。
e0361727_20182767.jpg

  1992年同僚の北川圭一選手と激闘の末に最終戦で決着がつくF-!チャンピョン争いをもぎ取り意気揚々の昭一・・・
 快く受けてくれた第1回 鈴鹿スーパーバイカーズのレースに昭一にエントリー

e0361727_2135497.jpg

      ヤッパ 昭一は女性のヨコが壱番屋 「てなもんや三度笠」

 ソレは1993年のシーズン・オフに南コースにて行われた、オン・オフ両方を走って競うスーパーバイカーズ鍛える気持ちで出場しました。
 歴史ある本場アメリカでは、やはりシーズン・オフにレースが開催されロードレース・モトクロス・ダートレースの強者たちが集結し同じコースでスピードを競う一番早いのは誰や?目茶苦茶人気のあるレースです!
 鈴鹿南コースには、モトクロスレジェンドの吉村太一大大先輩(RSタイチ会長)や東福寺保雄大先輩(東福寺レーシングオーナー)、CR500を持ち込んできた大先輩本田重樹さんなどが和気あいあいとやって来た日本で初めての試みのスパーバイカーズレースを楽しみました。
 このレースは1994年~シリーズで企画され1995年の2年間開催されました、若手のライダーではオフ&オンをこなす両刀使い芹沢太痲樹(’94には優勝を飾る)また、ノリックこと阿部典史も参加しておりました。
 ほかにも沢山の友達が居たような居無かった様な(コリャボケたのかな平井さんより若いボケたりしない)忘れてしまいました。(ボケてるのや!)
 激戦を語る前に、この時の我が愛車はトレーニング用に使っていた「’93KX250にバイカーズタイヤをを履くのに前後輪のサイズを変更、ワイルドリムにして見た目には素晴らしいカッコ良いマシンでした。
 これが問題この車を積んで鈴鹿までの交通手段として使う車が無く川重の部長さんに頼みに頼み込み「絶対事故は起こしません!」と、社用車いすゞボンゴ(昔のバン)を借りました。
 鈴鹿に向かう朝の道中は最高の天気でした、須磨の料金所を通りトンネルを抜けたころから奇麗な海が見え自然に鼻歌がでて気分最高潮素晴らしいドライブでした、ところがです月見山インターを過ぎ下りの右コーナーを良い調子で入って行ったら、次の若宮の左カーブの所から追い越し車線が大渋滞ノロノロ運転、オイラは気分快晴鼻歌交じりにファースト・イン・クイック・アウトと走っており、止まれるスピードでは無く左車線に逃げる途中バックミラーに一台の車両が、横見運転、追い越し車線を走って居たBMW左後部とボンゴ右前部がぶつかり運転席のドア―が「く」の字に曲がりやっていけない事故となりました。

 やった~・・・レ-ス行く前に部長に事故はしないと誓ったのに最悪!ヤバ

 デモね相手の運転をしていた上品で優しい年配のオジサン?(平井と一緒や)事故処理を済ませ事故による凹みにはテープで隙間を埋め、バックでなく鈴鹿に向かいました。
 非常に目立つトランス・ポーターで恥ずかしい思いをしながらも「修理代を稼がなアカン!」とレースには気合を入れて挑みました。
 コースには大きなジャンプ台も設置され・・・まさにオン&オフの中で一番早いのは?誰や的雰囲気・・・
フリー走行ではオフ・ロードマシンをそのまま持ち込んだ東福寺さんが速い!ダートだけでなくロードが速い!流石、9連勝の金字塔を打ちたてた凄腕の持ち主・・・レースは2ヒート制でしたが、終始東福寺さんとの一騎打ち!悔しい2ヒート共東福寺さんが前に、私は2-2で終わったレースでした残念・・・いいとこなし。
e0361727_2236518.jpg

e0361727_22372228.jpg

 オイラも東福寺さんの前をかなり走ったんやがな~

 サイズダウンしたフロントホイールは、ダートコースでの走破性が悪く、次回は21インチで行く方が解った貴重な経験をしたレースでした・・・次回は1994年のスーパーバイカーズシリーズ戦をお話しいたします。
e0361727_2314010.jpg


    それまで「サイなら・サイなら」・・・一番最後までお願いですお読みください。

                     KSSR 神戸スーパースポーツ レーシング

 追伸 昭一さんが写真を15~20枚程送ってきてくれましたが、なかなか貼り付けが出来ず苦労致しております。
     保管場所のアドレスがあるのですがそれがどこだかさっぱり解りません、一週間かけて解決いたしま     すスミマセン、次回お目に掛けます。
  特記 それとお借りしたボンゴ奇麗に修理して前より綺麗になったと喜ばれましたとさメデタシメデタシ 
[PR]
by KSSR_Hirai | 2017-03-03 23:19 | バイクヨモヤマ話 | Comments(0)