「男の夢を消したらアカン」 多田喜代一物語 ②

 ナンや原稿が来ないので一週間抜きかと思ってのんびりしてたら、送ってきていたのを今度はオイラが見落とし大変遅れました、謹んでお詫び申し上げます何卒お許しください。
 そしてお読みくださいお願いです、それにしても今回は森脇社長のレースにかける意気込みそして根性を垣間見たストーリーであります。

e0361727_2093836.jpg

 良くもこんな顔しているね「それがオイラなんや」てなもんや三度笠・・・モリワキ監督の身にもなってみ~

 1974年に取得したノービスからヤットジュニアーに昇格!ジュニアーライダーで世界中のバイク乗りが憧れるモリワキレーシングのライダーとなることが出来ました。

 シーズン・オフに鈴鹿サーキットのスポーツ走行でテストをして、年間出場レースは鈴鹿サーキットで開催される全日本戦と鈴鹿8時間耐久に決まりました。

 デビユューレースは、モリワキZ1000FXアップハンドルのスーパーバイク仕様です、1戦目の鈴鹿では午前中の公式練習中にやってしまいました、3周目のダンロップブリッジ下でアクセルの開けすぎでハイサイド転倒を・・・コース上で「バク転」を派手に2回転(自慢になるかアホたれやな~)左手首を痛めて即サーキットの医務室で湿布をしてもらい、当然午後からの走行に備えていました。
 壊れたモリワキZ1000スーパーバイクもメカニックの尽力で見事に蘇えってきましたが、左手首が痛いのナンの結局本線を迎えないまま、森脇監督の考えでリタイヤすることになりました、モリワキチームのメカニック・スタッフの皆さんに申し訳ない気持ちで後ろ髪を引かれながら鈴鹿を後にしました。
e0361727_20412843.jpg


 手首も良くなって続いて鈴鹿200マイル・・・8耐の前哨戦です!まずは面接走行で乗らして頂いた(エライ丁寧やな?)モリワキモンスター・・・公式練習に入ってから面接走行の25秒台より、タイムも上がり楽しくラップを重ねていきました。
 予選当日も快晴の鈴鹿・・・予選はセカンドポジションに入ることが出来ました、ポールポジションは多分阿部孝夫先輩だったと思います。
 
 イヨイヨ決勝の日曜日天気も快晴、大観衆の中スタートは切って落とされました、勿論スタートはトップで1コーナーに、ダガ残念S字で阿部先輩に早くも抜かれ、ポジションは2番手・・・デモね2番手で20周くらい走った時に、ダンダンフロントタイヤのチャタリングが出だし1コーナーから2コーナーまでハンドルからエアーチッパーを持ってる感じで・・・コーナーでは治まるまでアクセルは開けられず、思わずピットイン!ルーティーン外のピットインでメカニックが慌てるやらテンやワンヤ・・・オイオイ ボチボチ始まったか?

           「てなもんや三度笠」監督以下スタップの皆さんピットで「ハラ・ハラ」であります。

 今日の処はこれにて終了・・・次回乞うご期待であります・・・転ぶでよ~痛いわ!!!監督の方が痛い・・・

                  KSSR 神戸スパースポーツレーシング 平井道場

 
[PR]
by KSSR_Hirai | 2017-04-10 21:25 | Comments(0)